ページ

2015年11月26日木曜日

コッフェル スタッキング


1〜2人のキャンプの時はスノーピークのチタン製のコッフェルを使っています。

かれこれ20年近く使ってるんですね〜これが。





確かパーソナルクッカーのカップインって言うヤツだったかな。


多分アルミ製よりモダンな感じがするからチタンにしたような気がするけど、なぜチタン

だったのだろう。

エバニューのテフロン加工された小さなフライパンをコッフェルの下に足し、飲み物用の

シェラカップを何個か持つのが1〜2人でのキャンプ時の定番でした。




スノピの基本のノーマルセットは大中コッフェルとシェラカップとフタが1つ。

下にエバニューのフライパン



大で米を炊き、中でレトルトカレーなどを暖め、小(シェラカップ)でインスタントのみそ汁

やスープを飲む

エバニューのフライパンはつまみやおかず(ウインナーとか味付け肉)とか

フタは炊飯に必要だからフライパンは別に持つ、というのが基本スタイル。

収納状態は結構スカスカ



そんな幾多のキャンプの夜をささえてくれた大事なスノーピークのコッフェルですが、最

近はこんなカンジになっています。

これでフタ閉まります


全部出すと

ジャ、ジャーン!



色々組み合わせたり、重ねたりして検証した結果、基本のセットからシェラカップを抜

き、別なコッフェルセットの一部や単品で5品ほど追加しています。


左から、よくあるアルミ製コッフェルのフタ

トランギアストームクッカーSのセットの中のナベ

アルミコッフェルの中ぐらいのやつ

ベルモントのチタンコッフェル

どこにでもあるプラスティックのカップ。


これだけ有ればかなりの食事やつまみのバリエーションに対応可能なのに

外見は基本セット一緒!というすばらしいパッキングですね〜。





あと、寒い時期はシェラカップは持たず、サーモマグとかの蓋付き保温系ボトルが

熱燗からコーヒーまで温かい飲み物にはグーです。










0 件のコメント:

コメントを投稿