ページ

2015年10月21日水曜日

ブルーノ ベンチュラ


という自転車にかれこれ6年ほど乗っています。

いわゆるミニベロ、20インチの小径車です。







クロモリフレームにコンポーネンツはシマノTIAGRA。ドロップハンドルには手元シフトと

ダブルのブレーキレバー。



これより値段が高いモデルは自分には不必要だし、安いモデルはどっかが簡略化されてい

たりして所有欲がわかない。



タイヤが小さくても、定価が同じくらいのロードバイクに性能でひけを取りません。


ですが


後ろから走って来るクルマには、見た目が小さいからロードバイクみたいにスピードが出

せる、っていう認識は持たれないような気がします。



まぁ、そんなに本気で走ったり、スピード出したりしてませんが。。。



いくつか小径車の利点を。


ホイールベースが短いから、見た目通り小回りが効く事。


デカイ車輪のドロップハンドル車じゃないから人通りのある商店街なんかを通るときや、

狭いところの通過も歩行者にやさしい気がします。


当然Uターンしやすい。


車体がコンパクトだから置き場所も確保しやすい。


フレームサイズがロードバイクみたいにシビアじゃないから、身長差のある人(妻)と共有

出来る。


あっ人妻じゃないよ。。



いつかはアレックス モールトン〜なんて妄想はふくらみますが、暫くはこれが

「お出かけ用」

自転車です。


0 件のコメント:

コメントを投稿