ページ

2015年9月27日日曜日

劇車 ハーレートライク


ハーレーダヴィットソンのトライク、3輪車に乗ってきました。

撮影で使う劇車仕事です。


今回はメーカーの広報車ではなく、レンタルショップより借受。






正直に言ってしまうと、最初はこんな恐ろしいモノ乗れんのか!?って言うぐらい怖かっ

たっす。。

だってバンクしないんだもん、、、、



モーターサイクルの場合、「ハンドルを切って曲がる」っていう概念は有りませんよね。

車体をバンクさせた結果少しハンドルが切れた状態になる、って言うのが通常の

「曲がる」フィーリング。


それが乗車数メートルで全くバンクさせる事が出来ないという事態に体が適応しません。


車線変更でも、交差点の右左折でも、ハンドルを切って行きたい方向へ車体を向けます

が、以外にクイックに動きパッと車線変更したかと思うと、交差点では大アンダーステア

な性格が顔を出します。


常に頭の片隅をよぎるのはハンドルを切っている方と逆にひっくり返りそう、と言う恐

怖。

実際は極太タイヤや車重でよっぽどの事が無い限りそんな事にはなりません。



まぁ、そんな恐怖も実は若いころのトラウマが関係してたりして、、、

高校生くらいの頃、スキー場で宿泊先のペンションのオーナーから、スノーモービルとホ

ンダのATV(3輪のオフ車)を借りて空き地で乗り回していました。調子に乗ってATVでケツ

を流しながら逆ハン切って雪の上を走っていたところ、見事に一回転してひっくり返りま

した。いわゆるハイサイド状態。


アホでした。



アホな話は置いといて、外苑から首都高に乗る頃には少しは慣れ、恐る恐る首都高のゲー

トをくぐり本線に入り、いつもの千葉県某所まで。

真っすぐな高速は快適。

信号待ちでもそのまま止まってられるから楽。

平日昼間にこんなの乗ってる奴ってまともじゃないよな〜なんて考えながら到着。


車体をぐるっと観察してみると

足踏み式のサイドブレーキが付いてたり



左右にはオイルクーラーに電動ファン


すり抜けとか出来ないから電動ファンは必要でしょう。



すばらしいリアシート。

大切な人を乗せる為にはこれぐらいは必要、というアメリカ人の強いポリシーを感じま

す。





リッチで、ワイルドなホワイトカラー。多分アメリカのそういった人種が乗るための乗り

物なんでしょうね。

車体価格もかなり高いし。日本だと350〜400万円くらい?


もしくはそういったRUB(リッチアーバンバイカー)の老後の楽しみ?


30~40代くらいだとまだまだモーターサイクルを扱う体力があるから2輪に乗りますよね。

むしろバイクに乗った事のない人の方がトライクは向いているかも。先入観が無いし。

日本ではMTの普通免許で乗れるし。



とにかく色んな意味で衝撃的な乗り物でした。








0 件のコメント:

コメントを投稿