ページ

2013年11月3日日曜日

レトロカーと。Car Life


欲望が爆発しそうで購入をためらっていたちょっと前に発売された雑誌と本






結局買ってしまいました。

手っ取り早く確実にGETできるAmazonとかってやっぱ便利。


でっかいアメ車を数台乗り継いでますが、実は国産、欧州車問わず小型車が大好き。



いや、もう大好物と言っていいくらい好き。



趣味性の高い希少なビンテッジカーよりも、ヨーロッパ諸国において庶民が日常的にコテ

ンパに使うような実用車が特に大好き。


ちょっとだけ古い80年代〜90年代の小型車ってなんかホッコリしててなごみます。

でも自分がいま乗っていないっていうことは、今はまだ乗る時では無い、そう思う様にし

て目を逸らしています。



「レトロカーと。」は様々なレトロカー(?)に乗るオーナーを取材した本。

いろんなオーナーと様々な車種との普通の日常や出会いが綴られています。


「ブルータス」の方は、割と著名な方のそれぞれのクルマに対する向き合い方、考え方の

特集になっています。



でもね、我々が愛して止まない米国製二輪車 Harley-Davidson にも実はホッコリするモデ

ルって沢山あるんですよ。

例えば70年代のAMFカラーのモデルだったり、1970年から2年間だけ作られたあるモデル

だったり、小振りなタンクにソラマメに似た形のシートを持つモデルだったり、、、



まぁそんなキモイいやマニアックな話はどっかのキャンプサイトででも、、、

それと、ほっこりって何だよ?って話もね。




0 件のコメント:

コメントを投稿