ページ

2013年10月24日木曜日

セローメンテ 2


とりあえず、新品のバッテリーをネットで注文し、初期充電を済ませバイクに搭載。

イグニッションをオン、エンジンはかかるけど非常に調子の悪い音、、、


案外重症かも。


まずは、エアクリーナーをチェック。ボックスのフタを開けてビックリ!

エアクリーナーエレメントがボロボロ!!

スポンジの原型をとどめていない、、、それは仕方ない、問題はいつから?ってこと。

もしかしてこの状態で走行していたか?

ボックスを知恵の輪のように取り外し吹き返したオイルでベトベト&ボロボロのスポンジ

の残骸をクリーニング。


さらに、オーバーフローの止まらないキャブのフロート室を開け状態をチェック。

キャブの中は全然キレイだけど、パーツクリーナーを吹きまくりクリーニング。


アクセルワイヤーやチョークケーブルもチェック。ウッ、チョークケーブルのガイドが折

れてる、、、


エンジンオイルを抜き、コストコの10w-40を注入。何だかかなり汚いオイルフィルターも

掃除して再装着。


数日後キャブ、エアクリーナーボックスを再装着し、新品のエアクリーナーエレメントを

セット。

オーバーフローもしなくなり新品プラグを付けエンジン始動。

まだまだ本調子ではないけど随分安定したきた。

クリーニング用に入れたオイルを抜き、ヤマハ純正オイルを注入。


現時点では多少不安定ながらもアイドリングし、暖まれば普通に走行可能に。

後は回転の落ちの悪さと上がったり下がったりするアイドリングの改善でキャブ関係は直

りそうです。


早速知り合いのベスパ屋さんへ行きキャブまわりの細かいパーツを注文。


パーツが届き次第一気に完調に持って行きたいところです。




0 件のコメント:

コメントを投稿