ページ

2013年7月16日火曜日

エボソフテイル復活への道 序章第四部

9ヶ月ほど乗った今年の2月のある日、さらなる驚愕の事実が明らかになりました。


以前からフロントフォークが極端にローダウンされているせいで、サイドスタンドをかけ

る、はずす、という行為が非常にやりにくい。

バイクをセンターより右に傾けないとスタンドが外せない。これはコワいし危ない。特に

荷物を積んだ状態ではかなり不安定。まして今後リヤシートに娘を載せた状態では危険極

まりないので、ローダウンされたフロントフォークをノーマルに戻そうと友人のショップ

でバラしてもらうことに。


OHパーツが到着し、フォークをバラして発覚

これエボのフォークじゃない、ノーマルレングスのショベルのフォークだよ。

しかもそれをエボのトリプルツリーに装着しノーマルホイールを無理矢理装着。コンマ数

ミリの誤差なので何となく付いてるけれど、計測(?)するとアクスルシャフトの位置

ではセンターが出ず広がってるもしくは狭まってるとな、、、、(どっちか忘れた)


良く見ればアウターチューブがショベル用に見えるけど、ドラムブレーキ車しか所有した

ことないんで分からずでしたわ、、

いわずもがなPMのブレーキまわりも無理があり、キャリパー自体もが難あり、ディスク

ローターの振れ幅も計測すると限界を越える数値でした。


走っていてもキーキーうるさいし。


命に関わる部分でこのクオリティー、、もう売ってしまいたい、、、、


だれか教えて下さい。フロントが16インチでワイドグライドフォークのヘリテイジに、

ショベルヘッドの16インチのワイドグライドフォークを入れる意味を。

これはカスタムですか?修理ですか?


OHパーツを注文し、バラしてしまったのでもちろんその分の工賃、パーツ代を支払い

使いたくもないフロントフォークをOHし、さらに追い打ちをかけるように

友人の診断は続きます。


もう悪魔のささやきにしか聞こえない、、、


フロントシリンダーからエンジン始動直後に盛大に白煙を噴く、多分きっといや間違いな

くオイルさがりしてるよ。

フロントのバルブステムかバルブガイドのシールが怪しいね。


オイルさがり!! なんで?ねえなんで?おちえて?


90年代のエボリューションエンジンって、そんなに弱いエンジンですか?

バイブスの帰り、高速で120キロ巡航したから負担かかったんですか?

走行距離約 40000キロって オイルさがりしてしまう距離ですか?


買ったショップで納車準備の時にシリンダーから上外してチェックしてましたよね?



空キックをしてから、S&S Eキャブのチョークを半分程開けてセルをまわすと、驚く事に

エンジン始動直後の白煙は出ません。

が、チョーク全開でいきなりセルモーターのボタンを押して始動すると辺り一面真っ白に

なる程 盛大にフロントのマフラーから白煙を噴いて始動します。


前者の方法で始動していた自分は全く気付きませんでした。


事実1000キロ走るとなんと1リッターほどオイル消費してます。




もう心身ともに疲れました。


このバイクを直して安全かつ調子良く走らせるにはあといくらつぎ込めばいいのか?

そんな資金はどこにあるのか?

そもそも、金食い虫だったけど愛着があり全精力を傾けて維持してきたパンヘッドを売っ

てまで手に入れたかったのは、カスタム等もせず、普通にただただ普通に走るランニング

コストの安い、新しめのハーレーではなかったのか?


自分で選んだヘリテイジとはいえあまりにもヒドいハーレーを流通させているショップは

もとより、ハーレー業界すら嫌いになりかけていました。


小柄な妻はほとんどのバイクに乗る事は出来ません。パンヘッドはその妻のポジションに

合わせて作ったリジットフレームのハーレー。

子供と安全に2人乗りをする為に乗り換えるとはいえ、自分のハーレーを売っても良いと

言ってくれた妻にも申し訳が立ちません。




どうすれば良いのか?

ずっとずっと考え、自問自答を繰り返していました。

やっぱり売ってしまって楽になった方がいいのか、、、




そして



答えを出しました。



自分のショベル売却 → 資金調達 → ヘリテイジの修理 & 妻が乗れる様にカスタム

こうするより他無いです。




見ず知らずの元の ファッキン ダメ オーナー様、売ってくれたショップのクソヤロー様、

あんたらが与えてくれたクソバイクは俺の手でサイコーのバイクにすることにしました。


これから妻用の妻が乗れるエボチョッパーの制作にとりかかるためにバラバラにします。

自分で出来る所は自分で、無理な所は信頼している友人のショップで。



P S    そのかわり、自分のハーレーはちょっとお休みすることにしました。














2 件のコメント:

  1. 全部読ませて頂きました。バイクには詳しくないのですが、車同様に「信頼出来るショップを探すこと」がどれほど大切で難しいことなのかよく分かりました。車輌本体よりも「どこで購入するか」か本当に重要なんですね。古着のTシャツ1枚売るのと同じ感覚で売られたら堪りませんよね。ブロンディさんの気持ちが本当よく分かります。

    返信削除
  2. オーガストさん、クルマは割とアタリを掴むのですが、ハーレーはハズレばっかり選んでます、、、この車両の場合でも、これから「改造したり、修理したり、乗りながら育てて行く事を楽しむ為」に買ったのなら楽しめたのかも知れません。

    返信削除