ページ

2012年6月14日木曜日

福島ラバーズと行く南会津の旅 2

16:00頃には楽勝で南会津湯上温泉に到着した我々、予定では速攻で温泉プールに浸かりな

がらビールなんぞをグイっとやるつもりだったけど、そうもいかなくなりました。


エンジン下部からの異音、まずどっからしてるのか?トラブルシューティング開始。

するとどうやら音の原因としてジェネレーターが怪しい。手際良く皆でバラして行きま

す。こういう時人数がいると心強い。知恵も工具等もかなりのラインナップ。


レギュレーターとジェネレーター一体のサイクルエレクトリック社製を装着しているマイ

アーリー、まずレギュレーターをチェック。そしてジェネ本体を外しチェック。特におか

しい所無し。しかし、よーくレギュレーターを注意して見ると、ジェネ本体との接続部に

ガタがある。もしかしてここに軸けベアリングが入っていたのでは?ありゃま!これが音

の原因か、、、


ベアリング粉砕で御座います、、、(TT)


再びジェネレーターを装着してエンジン始動するとちょっとヤバい位の音量。外してかけ

ると音はしない。けどレギュレーターを外してしまうとバッテリーに充電されない。そし

てまたこの状態で東京まで自走してしまって良いのか、など自問自答&葛藤と戦いなが

ら、とりあえず走れる様に復帰させ作業終了。

レギュレーターを外したジェネレーター



隣を見るとシュガー号は何やらキャブのOHをしてますね。勿論作業はアニキ達。


遅くなってしまったけれど何とか陽のあるうちに温泉プールへ。


源泉掛け流しの湯でかなりの温度のお湯ですが、プールに入れるとぬるめなお湯に変わり

ずっと入っていられます。

夕食後も真っ暗な中、星を見上げながら入ったりして皆で南会津の夜を堪能しました。



翌朝ちょっと寝不足で起床。山菜尽くしの朝ご飯を食べ


予備のバッテリーを買うため、またデリカのお世話に


無事購入(中型バイク用)して、バッテリーを使い果たしてしまった時用にサイドバック内に

装着。


今日も一日いい天気になりそうです。


旅館の前には川と線路と谷間



各自準備を済ませ出発

オイラはトドメにブレーキランプの配線を外し出発。これでバッテリーの電力はプラグの

点火のみ、のはず。



爆弾(?)を抱えた自分の為に予定を変更して高速のICに向かい、白河ICで安斎家と別れ東京

組は一路東北道を西へ。

その後、SAに寄る度に電圧を計りつつ、またレギュレーター外してるにも関わらず段々回

転音の大きくなるジェネレーターにビビリつつ蓮田SA到着。最後にバッテリーの電圧を計

ると、なんとまだ12.5v。

無事都内まで走りきる事が出来ました。


いろいろ助けてくれた皆様ありがとうございました〜





0 件のコメント:

コメントを投稿