ページ

2012年6月9日土曜日

ラムバン インジケーターランプその後

暫くインパネにCHECK GEGESランプが点いたまま乗っていたラムバン、ロードトリッ

から帰ってきて遂に修理することに。


といってもトランスミッショんを下ろしてなんてするはず無く、ショップのメカ曰く配線

をチェックしてみたら案外解決するかも、という話をちょっと前のオイル交換時に聞いて

いたので今回再入庫。


数日後ショップより配線チェック→問題なし、そこでスキャナーで点検したらなんと

PCM(パワーコントロールモジュール)とかいう部品がいかれている、という連絡が。

見積もりのFAXが届きビックリ。



¥136600   チーン、、、

ジュウサンマンエン、ジュウサンマンエン、ジュウサンマンエン、、、、、


しかし、再度ショップより連絡が有り、全ての作業が終了したにも関わらず翌日またもや

CHECK GEGESランプが点灯したためもう少し時間が欲しいとのこと。


そしてそして作業が終わり解決したとの連絡を受け引き取りに。


結果から言うと犯人はPCMではなくオイルプレッシャーセンサー。



ちょっと複雑な答えで、実は1月に変えたセンサーが車体番号から出て来る部番のヤツを

付けると正常に感知せず『異常』となってインパネに表示されてしまう。そこでショップ

の方で別な部番のオイルプレッシャーセンサーに変えてみたところ異常なく油圧計が作動

しCHECK GEGESランプが消灯したとのこと。


気になる修理代は、諸々の点検や作業代等で¥18800ナリ

まさかの見積もりの七分の一。ほっと肩をなで下ろしましたよ。





0 件のコメント:

コメントを投稿