ページ

2012年1月21日土曜日

日本酒 腰古井

昨年、仕事で千葉県の勝浦へ行った際発見したお酒

『腰古井』

駅前の店でたまたま購入し、宿泊先のホテルで飲んでみてびっくり!

う、うまい、、

一人で興奮し、翌日の帰りに道沿いの寂れた酒屋でワンカップを数本購入して帰宅。


しかし都内で仕入れている店も無くしばらく飲めず。


次のチャンスは年末にやって来ました。再び房総半島ロケ。今回は館山。その日の撮影を終

え一人で宿泊先のホテルへ。しかし何軒か町の酒屋をのぞいてみてもどこも扱い無し。

県内の地酒なのに、、、

途方にくれて別な銘柄で妥協し、がっかりしながらその日は就寝。


翌日撮影も無事に終わり、帰りしなダメもとで通りすがりの酒を置いているスーパーへ。


あった!ありましたよ!



心の中でガッツポーズしながらカートへ一升瓶2本、ワンカップ数本を放り込み会計。


同じ房総半島でも内房と外房ではいろいろ文化(?)が違うということを再確認しました。



「推奨」というシリーズの一升瓶とワンカップ。一番安いヤツです。冷やしても常温でも

熱燗でもいけます。

ちなみに一升瓶で¥1750、ワンカップ¥215ナリ。


作っているのは吉野酒造という勝浦にあるメーカー。


機会があれば是非。うちに来れば有る時は飲めます(笑)

0 件のコメント:

コメントを投稿