ページ

2011年5月17日火曜日

死刑宣告

時間が有る時と、娘っこがどうしてもママと入ると言う時以外は、

基本的に子供と一緒にフロにはいります。



乳幼児は気分屋なので、一緒に入りたくない、とたまにほざきますが、

大した意味は有りません。



大きくなって父親を拒否る恐怖を考えたら扱いは楽勝です。



今の所娘の行動はカワイイこと、見てて楽しいこと、ほのぼのする事、

がほとんどを占めてます。



出来ない事の方が多いので、何かにつけ世話が必要なのですが、

年齢とともに、父親の手出しできる範囲はどんどん狭くなっていくので

しょうか。



寂しいもんです。



娘と入浴できる年月には限りがあります。その何時か来るであろうXデー

までいかに悔いの無い娘との入浴LIFEを送るか、が父親としての

ちょっとしたテーマではないでしょうか。




ある日、



「今日から一人で入るよ」



という死刑宣告を下される日が来るまで。

2 件のコメント:

  1. 女親の宿命を感じます。。
    男2人親 琉工屋。

    返信削除
  2. マジで、あっという間にその日が来る気がする、、

    返信削除