ページ

2017年6月18日日曜日

泊まりの仕事


四日間ほど京都へ行って来ました。


何年ぶりだろう京都。


仕事なんで、行った所の写真はありません。



初日は移動日なので、一人モーターホームを走らせ

これで京都市内は場所によってはキツかった〜



途中の伊勢湾岸道の湾岸長島SAで珍しいモノを食べたりして

これだけ謎なメニューだったので迷わずボタンを押した

その名も湾岸長島スパゲティーー!!

そのままだね






スピードをあまり出せないから

(車の名誉の為に言うと、日本の道が悪いのでw、あっ新東名は別ね、まだ新しいから)

朝早くでたので、15時前には琵琶湖沿いのホテルにチェックインして


ヒマなんで


近くのコンビニでビール買って琵琶湖のベンチに座って飲んだり












初日は一人で焼き鳥屋へ行ったりできた。




宿泊先はとても立派なリゾートホテルでした







バスルームの中に個室のシャワールームってゴイスー




通常、泊まりロケの場合ビジネスホテルのシングルってパターンが多いんだけど


琵琶湖沿いみたいな観光地だと案外リゾートホテルしか無くって今回みたいなケースにな


ってラッキー


だって部屋はツインで、バスルームやシャワールームまであって広くて快適


連泊だったり、スケジュールがタイトだとこういう部屋は有り難い。


ちなみにモーターホームの仕事の場合、駐車場所の関係からも観光バスが停められるパー


キングか駐車場を備えていないと難しいのよ








六月になって、今度は長野県の小諸の方でまた泊まりロケがあったんだけど


送られて来た宿泊先リストを見るとこの前とは打って変わって純和風な旅館になっていて


実際に行ってみたら


旅館とも言えないゲストハウスのようでした。。




こんな感じの階段を上がって薄暗く、細い廊下を歩いていくと


入り口が引き戸の部屋があってそこがスタッフ各自の部屋




鍵はありません。。半透明のガラスで中がうっすら見えます。。。


風呂トイレは共同で、家庭サイズの浴室が3つありました




前日入りしてるスタッフ曰く


独居房。。。




まさに独居房ww







ただし、実際一晩泊まってみて


夜中に変な気配がする訳じゃなくw


掃除は何気に行き届いているし


なにより


信州牛のすき焼きや、滅多に食べられない山菜のてんぷらや、何故か豪勢な刺盛りとか


食べきれないほどの夕食が用意されていたりと、かなりアットホームでした。


あっあとお酒も美味しかったです。


ここはここで泊まる価値のある所でした。



まぁ、どこ行っても自腹じゃないんで文句は言えないんですがね〜



もっとヒドいと言うか、キツいとこもあったしね〜




小諸の帰りはまたまた上信越道佐久平PAのそば食べて一人かえりました。


肉そばでーす







2017年6月4日日曜日

科学技術館と日本科学未来館


全くもって理系家族じゃないけれど、ここ最近行った場所。



北の丸にある科学技術館


お台場にある日本科学未来館





おっさん的には科学技術館の方が乗り物率が高くって楽しいかな。


大量のミニカー(トミカ)での車の歴史や


こんなドライブシュミレーターがあったり


CB400スーパーボルドール











何の実験か忘れたけどなぜかミニが使われたり









お台場の日本科学未来館はしょっちゅうこの近辺に仕事で行ってていつもトイレ借りる所



今回はこれを見に










で、折角だから常設展示も見ようと


とにかく科学や宇宙のオンパレードでオッサン的には全然面白くない、、




娘っ子的にはまぁまぁ楽しかったみたいだが、、




こういう博物館や科学館はとにかく行く事が子供にとってプラスなると信じております



スマホのカメラのホワイトバランスを変えて撮ってみると


こんなに色がくっきりと






こっちも同じバランスだけど球の色が薄いから全体的に暗い






あと、ASIMOの実演やっててロボット好きには堪らないかも







2017年5月13日土曜日

諏訪大社上社




御柱で有名な諏訪大社へ行って来ました。



ずいぶんキレイなお土産やが参道にあってGWということもあり大賑わい











五平餅やところてん等の軽めのものを買い食いしながら歩き


煮込みとかザル蕎麦とかの誘惑を振り切りお参り







なかなか厳かな雰囲気






杉の木って聞いてからなんだかむず痒い。。












移動して


買い食いを軽めで我慢してたどり着いたのがここ


JR茅野駅前の丸平川魚店のうなぎ



うな重の小¥2200




鰻の蒲焼が小さく見えるけどこれで十分


40代には全くもって小さくはない量でございます。


肝吸いの肝もでかく、子ども達のも貰ったから肝だらけ吸いw






ここら辺は昔っから川魚のお店が多い


今回知ったんだけどね




翌日は朝早くから東京へ


久しぶりにR299で小海〜松原湖〜佐久っていうルートで









浅間山かしら?



佐久平スマートICに乗った時点で朝の9:30


インター入るとSAなんで朝飯にします



ここはザル蕎麦があるんで迷わずザル蕎麦







かなりの大盛りでした。


他のメニューも大盛りで、さすがスキー場直結のSAですわ


オッサン、オバハン、コドモには結構きつくて昼飯いらずになりました。






2017年5月10日水曜日

北海道


4月の末に四日間ほど北海道の帯広周辺に行って来ました。



向こうでレンタカーを運転する仕事なので飛行機です。





北海道もかなり久々なら飛行機も久々なんで色々大変



出発前から、メールで送られて来たeチケットなるものや


羽田での駐車場の予約に翻弄されながらも


何とか当日の朝一のフライトで北海道上陸




久々にジェットエンジンのフル加速を味わいました。




飛行機は飛び立ってしまうと全く興味も無いし


高い所も苦手なので


個人的にはジャンボジェットは飛び立つ前までが醍醐味ですわ




ちなみに、四月の末で帯広は雪が降っていて


現場の糠平湖周辺はまだ積雪してるとこもありました。


































普通にいるみたいっす




現場には地元の猟友会っぽいおじさんがついていてくれ


で、たま〜に空砲撃ったり



そのおじさんのピックアップシェルの中には仕留めた鹿がいたりして


あの鹿は食べたのかな〜




かと思えば


道端では鹿がたわむれてたりして


飼ってるの?ってくらい近づいても逃げないし。。。









ホテルが帯広だったから毎日かなりの走行距離をこなし


中々ハードなスケジュールの四日間もようやく終わりに近づき


現場から帯広空港へ行きレンタカーを返却


しかしこのまま帰京ではなく


地元のロケ車両に乗っけてもらってまた現場戻り


今度はまだ残っている散水車と軽トラを再び帯広へ。。。



ちなみに



帯広市内から糠平湖は65キロ、、、


帯広空港から現場だと90キロ、、、


これを毎日何往復かしてました、、、




ここだけのはなし〜

オイラだけは初日に600キロ弱ほど走り

スタッフを送った別なホテルの駐車場でもう動けず、寝てました。。。

道央自動車道の藻くずにならんで良かったっす。。。




散水車を返却し、軽トラにオッサン二人でとりあえず帯広市内へ


駅の地下Pに軽トラを停め、目当ての豚丼のお店へ。


ようやく北海道グルメです。












食べ終わり、駅でお土産なんかを買って帯広空港へ



まだ30キロ以上あったりしますw


途中不自然な電車があったんで行ってみると





有名な幸福駅でした









次は久々に遊びで行きたいなぁ〜



待ってろよ北海道ーーーー






2017年4月22日土曜日

金魚



先日行った釣り堀で


釣った金魚を持ち帰れなかった事が相当残念だったらしく


時折寂しそうな顔をするんで(大げさ)


家族会議の結果、金魚買って飼おう!


と言う事になりました。



すぐには行けないでいると


娘っ子はこっそりパソコンで



「金魚鉢 かわいい」


とか


「金魚 飼い方」


とか



調べていて、そっちの方がかわいいじゃねぇか


みたいな感じですwww


最近の小学4年ってすごいね




で、近所のホームセンターへ行き、必要な物を買いそろえ

こうなりました。












お祭りの夜店ですくった金魚は


家に帰って金魚鉢というか小さな水槽とかに放り込み


適当にエサあげて


ちょっとしたら死んじゃったり


猫にやられたり?


とか


案外短命でした。



時は流れ、そんなに設備投資にお金をかけずとも


最低限のポンプと水草や敷石を設置し


金魚の入っている水と、新しく入れる水の水温を合わせて水槽に入れたり


塩素を取り除いたりと


教えてもらった飼い方を駆使し


何だか長生きさせてあげられそうな予感です。






今日も元気に口パクパクしながら泳いでます。




2017年4月16日日曜日

釣り堀



釣りがしたい、と言うので

花見を兼ねてぱっと思いついた市ヶ谷のフィッシュセンター







昔からJR中央線に乗ると市ヶ谷駅で車窓から見えるあそこです。



初心者だし(オヤジも)、子どもだから鯉ではなく金魚つりをチョイス



金魚釣りの方はミニフィッシングって言うのね



真剣ですよw




慣れない手でエサをつけていざ釣り糸を垂らしますが




全然釣れまへん。。。



どうしよう




オヤジも釣れないw





周りには何組か親子連れがいるけど

当然釣れてない



その中で、反対側で釣っているあるおとうさんが子供に話している話に聞き耳をたてると



「エサをなるべく小さく付けた方が良いって、

この前来た時釣れなくって店の人に聞いたんだよ」




!まさに救世主!!



で小さく付けて再度トライ




結果は

とりあえず一匹づつ釣れました。



娘っこは、

持って帰りたいって強く主張したけど

電車乗ったり、

歩いたりするから

とあきらめさせました。








2017年4月13日木曜日




我が家の家の前にはでっかい桜の木がある

だからこの時期は

リビングからの眺めが

一年のうちで一番の絶景ポイントになる。


ブヒー







電線さえ無ければね。。。





世の中から無くなればいいのに



電線と電柱。






それにしても


電気で国民を支配する事を考えたヤツは天才だな。




たとえば


50年くらい前から

各家庭に一台の小型自家発電機と

蓄電池を義務化していたら

発電機と蓄電池はもっと小型で安値になっていて

停電の時でも安心だし

電力会社からの分と、貯めてる分を上手く使い分け

湯水のごとく電気を消費するのをためらうよね。



今、節電なんて言ったって所詮スイッチ入れれば電気はいつでも流れてるから

そのうち電気で苦労した世代がいなくなれば節電の意識すら無くなるだろう。



誰かのふるさとを奪い

必要だと思わせるプロパガンダなんかが必要な発電方法なんか

本当に無くなればいいのに



各家庭で電力の一部をまかなえ、貯められるようなシステムが発達していれば

人間は電気の使用方法と大切さについて

今と全く違う考えをもっていただろね。







2017年4月12日水曜日

スキー



娘っ子の春休み中スキーに行って来ました。



今年は違うスキー場にも行ってみたかったけれど

結局いつもの長野県の車山高原へ

3月末でも結構な雪量でした。



何とか年一クリアー。。



去年の雪質がサイアクだったんで、怪我したらヤバいからオヤジはパス

娘っ子だけスクールヘ。

けど

この雪質ならちょっとぐらい滑りたかったなぁ〜





泊まりは伊藤園ホテル

ここは

潰れた白樺湖ビューホテルを居抜きで使っています。






夕食と朝食のバイキングがなかなかでしたよ


酒も飲み放題だし。




2017年4月10日月曜日

ミニのタイヤ交換



若かりし頃は




あんな事やこんな事や


まあ


マフラー交換や

ミッション交換や

サス交換

とかなんだけど



パンタジャッキ3つでやったりなんて荒技使ったりしてた



けどやっぱり危ないってんで安物のガレージジャッキを手に入れ

クルマいじりライフはぐっと作業効率が上がった



ところが仕事で使うハイエースの、グランドキャビンやスーパーロングハイルーフは

その安物では上がんなくって


安物のガレージジャッキもいつしか使わなくなった。




ミニ以前に所有してた自家用車は

スタッドレスなんて履かなかったから履き替える事もなかったし。





145/70-12サイズのタイヤがビックリするほど安いんで

今はミニにも履いてます。




毎度交換は車載の純正ジャッキで






ミニのサイドシルにはジャッキポイントの穴があって

そこにジヤッキの頭をさしてまわすようになっている

だから毎回どこにジャッキをかけるか悩まなくていい。


パンクして路肩でタイヤ交換するなんて時はスピード勝負だからね



ドアは全開でやる必要あるから運転席側を路肩でやるときは怖いけど。。





前後同時に上がるから

左右一回ずつ上げれば交換終了






ただし、結構グルグル回す必要あり






2017年4月3日月曜日

オロナミンC



ご存知オロナミンCドリンク


たまに飲みたくなりますよね〜


でもそのまま飲んだんじゃ面白くない


いや


量が少なくてちょっと物足りない


というあなた


これで解決







オロナミンCの牛乳割り









いや


オロナミンセーキ!



ある程度の年齢の方なら知ってるはず


大昔にCMでもやってたし




一応卵入りもやってみたけど









気色悪さばっかで美味くない、、、





ミルクセーキっていう飲み物がイマイチどういう飲み物なのか分からんけど

牛乳を泡立てたりしてのむのかな?



オロナミンCの炭酸と牛乳が合わさると

あんな感じになるんでしょうな。









2017年4月2日日曜日

燃料キャップとブレーキペダル



予算的に色々と大掛かりな事をする勇気が無いんで


こまごまとしたパーツを買ったりして


気を紛らわしています




レーシーな燃料キャップや





ブレーキペダルに被せるカバー







ガスキャップは完全に装飾品で、もっとレーシーな個体にマッチするような気がしないで

もないけど


なんせ付けたかったんでね。



ブレーキペダルカバーも装飾品ちっくだけど


たまに

ビブラムソールのブーツなんか履いて運転したりすると


ブレーキ踏んだ時に、アクセルもちょっと踏んでしまう事があって怖い。



これを付けると、ブレーキペダルの踏む面積が増えるから

両方踏んでしまうリスクが減るような気がします。


なので

ある意味安全部品?かな